ペットを飼う前に考えておきたいこと

ペットの寿命が年々延びてきて今では平均寿命が犬では14歳といわれています。小型、大型や、病気などによっても差異はありますが、20年以上も共に過ごせるケースも。過ごした年数ではありませんが、ペットは家族の一員となります。たっぷり愛情を育てて一緒に過ごすわけですから、別れは家族同然辛いものです。かわいいだけでは飼えないペット。
ゲージは粗大ゴミで捨てられる?
ペットショップ行く前にご参考にしてください。ペットと生涯を共に寄り添えたら幸せなことはありません。しかしながら、実際飼ってみるとお世話が大変だった。小さい頃はかわいかったけど、老犬になって、介護が大変になったので、手放した。引っ越し先でペットが飼えなくなったので手放した。など残念ながら人間の勝手都合でペットを手放すケースもあります。ペットを飼ったら生涯共にする覚悟で責任を持って飼うことが大切です。ペットは人間と同じで心もあって生きています。ときには病気をすることもあるでしょう。ペットを飼う以上責任を持って歩けなくなって目が見えなくなるもでお世話をする義務があります。幼犬のときはどんな犬種でも可愛いものです。そこから20年犬だけではなく世話をする人間も同じように歳を重ねます。未来のことも考えて検討しなければなりません。20年後、今の環境は変わっているかもしれません。いかなるときも一緒に過ごせるかそんなことを家族で話し合っても良いでしょう。ペットを飼うのはペットショップだけではありません。人間から虐待を受けた保護犬などシェルターのような場所で里親を探している場所で見つけるのも良いかもしれません。ペットと共に暮らすと学ぶことはたくさんあります。同じように歳を重ねて別れのときまで、命について考えさせられます。ペットを飼うときは、一度その先のことも考えて検討してみましょう。