団結には力がある。

団結には力がある。
むかしむかし、ある村に3人の息子と暮らす老人がいました。三人の息子は働き者でしたが、いつも喧嘩ばかりしていました。老人は3人をまとめようとしましたが、うまくいきませんでした。
月日が経ち、老人は病気になりました。老人は息子たちに仲良くするように言いましたが、息子たちは聞く耳を持ちませんでした。その時、おじいさんは息子たちに教訓を与えようと思いました。
老人は息子たちを呼んで、「それぞれの棒を分けて、2つに割りなさい。先に終わらせた者が、他の者よりも多くの報酬を得られるだろう」と言いました。
老人は、10本ずつの棒の束を用意し、息子たちにそれぞれの棒を割るように言いました。息子たちは数分で棒を折ったが、その後、また息子同士で喧嘩を始めました。
老人は、「息子たちよ、まだゲームは終わっていない。今度は、その折った棒を重ねてもう一度割ってみなさい」
息子たちはその束にした棒を折ろうとしました。しかし、一生懸命やっても、棒を折ることはできませんでした。息子たちは父親に失敗を報告しました。
老人は、「息子たちよ、見たまえ。一本一本の棒を折るのは簡単だが、それを束ねて折ることはできないのだ。団結していれば、誰もお前たちを傷つけることはできない。」
老人は続けて、「どうか仲良く」と言った。すると、3人の息子は、団結には力があることを理解し、父に「みんなで一緒にいよう」と約束したのです。