怪しげな在宅ワークが跋扈している

コロナ禍で仕事を失ったり収入の減少を余儀なくされ、副業を求める人が増えています。
そんな中、ネットで情報収集しようと思ったら女性のメール在宅ワークという広告を目にしました。
メールだけでできる在宅ワークなら空き時間にコツコツできるかな、ちょっとくらい安くても、副業のさらに副業くらいのノリで…と思ってアクセスしてみると、驚くべき情報が!
月に10万円以上どころかスマホでメールするだけで50万円以上を稼いでいる人もいるというのです。
超お金持ちの男性が、自分の周囲は敵ばかりなので顔も知らない女性とメールでやり取りして癒してくれる女性を募集している、彼らにとって10万円や20万円はほんのお小遣いなので高額を稼げる、などなど。
笑っちゃうほど怪しいです。ここまで怪しいと、逆に清々しさすら感じます。もしかしてネタとか洒落なのか?と思いましたが、どこにもネタバレは書いてません。やっぱり詐欺でしょう。
ふと気づくと、スマホで在宅ワークとか副業を検索したときに上部に表示される[広告]が怪しいものばかりです。
どのサイトも似たような構成で、似たような文言で、似たような…詐欺のテンプレートとでも言えばいいのでしょうか?
そう言えば偽ブランド品のサイトが上位表示しているのも見たことがあります。あれは広告ではなくナチュラルな検索結果だったのかも知れませんが。
Googleは広告を審査せずに掲載しているのか、甚だ疑問です。