海外の妖怪は外国語で話すのでわからない

俺はサグラダファミリアに逃げ込んだ。
落ち着くまで少しかかった長い時間何もできずにそこに座ってたと思う。
時間は正確には分からない。
しばらくすると5人位の作業着を着た外人のいかついおっさんが談笑しながらこっちに向かってきた。
それが俺を見た途端に顔色を変えて何か話し出した。
外人が強かった俺はガクブルそのうちの一人が俺に話しかけてきたが多分スペイン語だった。
何言ってたかは不明だがこりゃダメだみたいな顔をした後に俺の頭に触ったおっさんに触られてビクッてなって目を開けると目の前に母がいた。
俺の手を引いて人のいっぱいいるサグラダファミリアに向かってる周りには外人がいっぱいいたし赤い月も出てない黄色くない俺は安心して母について言った。
それからは現像しようとしたインスタントカメラの写真が全部黄色がかっていたこと以外スペインでおかしなことは起こらなかった。とはいえ、サラフェプラス 口コミ 多汗症はかなり重要な口コミの内容になっていて、これって時空のおっさんみんなと違って赤くないし日本語で話してくれなかったし電話ボックスとかもなかったけどとりあえずでまとめるの下手ですまんかったひとまずおおつ外国のおっさんはチームで仕事するんだな1回って何かしらの色に染まってることが多いみたいだな黄色っていうのは初めて聞いた。
地域によって違うのかな自分が聞いたことあるのは空気がピンク色変な意味ではない空が赤緑色の空あとは全体的にモノトーン。
これが本当なら時空のおっさん達はその現地語を喋るってことになるなとても不思議な出来事信じてもらえないだろうから他の人に話したことはない。