3社間ファクタリングでは売掛先も契約に参加します

数ある資金調達方法の中でも最速レベルの早さをファクタリングが誇れるのは、融資などとは全く違う資金調達方法であることが大きく影響しています。融資の際に行われる様な複雑な審査ではなく、独自の審査基準があることがファクタリングの早さの秘訣なのです。

3社間契約は手数料の面では有利になるのは確かなのですが、売掛先からの承諾などを契約手続きに含むことになりますので現金化までのスピードが早いとは言えません。それに対して2社間は契約はファクタリング会社との間での手続きだけで済むので、手続きを早く進めることができます。

どんなにファクタリング会社の審査スピードが早いとしても、審査書類がなければ査定のしようがありません。多くのファクタリング会社ではFAX・郵送での書類受付もしていますから、迅速に書類を送付することがスピード重視のカギです。

「最短即日から資金調達可能!」は、ファクタリングの最大の特徴であり、多くのファクタリング利用者がメリットに感じている部分でしょう。そして、それは業者側も充分に理解していますから、基本的には全社が「最短即日」を打ち出しています。

条件を満たしていなければ即日の現金化ができない可能性があるため、注意が必要です。最も早い入金を希望する場合は、確実に条件をクリアすることが大切です。

現金化までの流れがシンプルであり、売掛金の売却が完了すれば、ファクタリング会社から手数料を引いた額が利用企業の口座に振り込まれます。

詳しくはこちら→ファクタリング 最速